無料・低額診療事業の利用を検討している患者様へ

 無料・低額診療事業とは

 

● 無料・低額診療事業とは

 無料・低額診療事業とは、低所得者などに医療機関が無料または低額な料金によって診療を行うものです。厚生労働省は、「低所得者」、「要保護者」、「ホームレス」、「DV被害者」、「人身取引被害者」などの生活困難者が無料・低額診療の対象と説明しています。

無料・低額診療事業の医療費減免措置

@医療費の窓口負担金の全額免除(無料)
  1ヶ月の世帯収入が生活保護基準の概ね100%以下

A医療費の窓口負担金の一部免除(低額)
 1ヶ月の世帯収入が生活保護基準の概ね120%以下

 
※生活保護基準
1ヶ月の平均収入から、家賃、保険料などの経費を差し引いた金額が最低生活費を下回っていること。
<世帯構成別最低生活費>
@夫婦・子2人世帯        約20万円
A母子3人世帯          約19万円
B高齢者2人世帯         約13万5千円
C重度障害者を含む2人世帯  約19万円

 

<無料・低額診療制度の利用方法>

@申請
 無料・低額診療を実施している病院や診療所にお申し出ください。
                        
A面談
 制度の適応については、担当者が事情をお聞きします。その際、該当する世帯の所得を証明できる書類(源泉徴収票、課税証明書、給与明細票など)をご持参ください。
 お話の内容により、制度の利用が必要とされた場合には適応となります。他の公的な制度の利用が可能な場合には、その手続きをお勧めすることがあります。
                       
B決定
 適応かどうか会議で検討した後、結果をお知らせします。
 無料・低額診療制度は、生活が改善するまでの一定期間の措置です(6ヶ月未満)。その間に生活を立て直しましょう。

 

 無料・低額診療の対象となる目安は、限度額適用・標準負担額減額認定証の申請が認められるか否かです。
 

 

 

注) 医療費が無料・低額になるのは、あくまでも実施医療機関でのお支払い分です。薬局の支払いや、健康診断・診断書など保険のきかない部分は対象に成りませんのでご注意ください。 

COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.