無料医療費相談室
医者に掛かれない
「岡永歯科」の取り組み


無料・低額診療制度

無料・低額診療制度
 短期保険証・資格証明書
 保険料を支払えない
利用したい患者様に
検討している医療機関に


実施医療機関の紹介
岡永歯科案内
病院・診療所
歯科診療所

よくある相談

無料・低額診療
生活保護基準額
国保に加入したくない
歯科治療費

よくある相談

 

どのような患者様が、対象となるのですか?

 

医療相談室

岡永歯科は、無料・低額診療制度の他にも心療歯科、訪問歯科、身障者歯科なども行っています。
 
ひとりで悩むのではなく、相談してみては如何ですか?

ソーシャルワーカー、心理カウンセラーが医療相談室でお待ちしております。

 

 

よくある相談

健康保険証がなくても、無料・低額診療を受けられますか?

生活保護の申請をしている場合
無料・低額診療の対象ではありません。
生活保護の申請をしていない場合
無料・低額診療の対象になることがあります。地方税(住民税など)を納税していますか。
納税している場合は、市役所の国民保険課などに相談しましょう。ただし、無料・低額診療の対象にならないことが多いです。
納税していない場合、市役所の国民保険課や社会福祉事務所などに相談しましょう。健康保険の限度額適用・標準負担額減額認定証を申請して受理されれば、高額な医療費の窓口負担金が軽減されます。そして、多くの場合、無料・低額診療の対象となります。ただし、生活保護の申請をする場合、無料・低額診療の対象にはなりません。
       

健康保険証があれば、無料・低額診療が受けられるのですか?

地方税を納税している場合
無料・低額診療は、経済的困窮により医療が受けられない患者様を対象にしたものです。よって、地方税を納税している場合は、ほとんど無料・低額診療の対象にはなりません。
地方税を納税していない場合
ます、市役所の国民健康保険課などに相談しましょう。そして、健康保険の限度額適用・標準負担額減額認定証の申請をしましょう。多くの場合、限度額適用・標準負担額減額認定証は受理され、無料・低額診療の対象となると思います。

無料診療と低額診療の違いは、何ですか?

無料診療
健康保険証がない世帯収入が生活保護同等レベルの患者様が対象で、無料になります。
低額診療
世帯収入が生活保護同等レベル或いははそれよりも少し高い患者様が対象で、窓口負担金が軽減されます。

※健康保険証のない患者様の治療 

 無料・低額診療、生活保護の対象となる患者様に限り、必要最低限の応急処置のみ行います。その後の治療は、健康保険あるいは生活保護の手続きをした上で行います。

COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.