保険で出来る金属アレルギーの歯科治療

 
パラジウムのアレルギー
 

パラジウムが含まれる金属?

パラジウムが含まれている金属は、金合金、12%金銀パラジウム合金、銀合金、陶材焼付用金属があります。

 

● 対パラジウムの治療

お口の中にある金合金、12%金銀パラジウム合金、銀合金などの詰め物(インレー)、被せ物など(ブリッジを含む)を除去して、他の材料に置き換える治療になります。

@金合金、12%金銀パラジウム合金、銀合金などを除去します。
A歯型を採り、他の材料で詰め物(インレー)、被せ物などを作ります。
B完成した詰め物(インレー)、被せ物などを歯にセットします。

             

※ 銀合金(ただし、パラジウムを含まない合金を選択する)、純チタン2種(ただし、大臼歯の被せ物に限る)、レジン系の材料が使われます。

※ 金属アレルギーの診断書があれば、被せ物は出来るのですが、ブリッジは制約が多くほとんど無理です。多くの銀合金は、ブリッジの適応はありません。金属アレルギーの診断書があれば、レジンブリッジが第二小臼歯と第一大臼歯の1本ブリッジで保険の適応となりますが、神経のある歯には使えません。

また、部分入れ歯の場合、12%金銀パラジウム合金以外の金属で入れ歯を作り直します。コバルトクロム合金、ステンレス鋼が使われます。


          

COPYRIGHT (c) OKANAGA Dental clinic. All rights reserved.